女性建築士による
すまいと生活を楽しむためのコンテンツ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

13) 無垢フローリングのこと
JUGEMテーマ:住宅

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

住まいの床には、フローリングが気持ちいいですよね。
その気持よさって、何だろうと考えると。。。
木の感触、木の香り、木の風合い…などでしょうね。

その気持ちよさを、きちんと発揮してもらうにはやはり、
・無垢材のフローリングであること。
・自然塗装か蜜蝋ワックスなど、木の感触と風合いが損なわれない仕上げをすること。
です。

例えばウレタン塗装などは、住まいのフローリング塗装にはあまりお勧めしていません。
歩行頻度の高い施設や店舗などで、表面の強さを出すためにフローリングにウレタン塗装をする場合もありますが、
表面が硬い塗膜でコーティングされるため、木の感触が味わえなくなります。
ビニールのようにペタっと素足に張り付く感じです。


お勧めの無垢フローリングと自然塗装(または蜜蝋ワックス)ですが、
注意点もありますので、ひとつずつご説明しておきますね。

【無垢材は動きます】
今までにも折に触れてお話してきましたが、
無垢材は生きている素材なので呼吸をして収縮したり、
元々の木の個性でねじれが生じる場合もあります。
そのため、隙が出来たり、軋みが生じたりすることもあります。
気にならない程度であれば、木の個性とおつきあいしてみるのも良いと思います。
大きな隙や軋みが起きてしまった場合には、工事会社や設計者に相談してみて下さい。


【無垢フローリングも色々】
木の種類が違うと、色味も木目の風合いも感触も変わってきます。

固い樹種は、キズにも強いです。
  …クリ、ナラ(オーク)、カバザクラ、バーチ(カバ)

柔らかい樹種だと、歩いた時の感触が柔らかく足にやさしく感じられます。
  …スギ、パイン

明るくさっぱりした色味の樹種 (明るく仕上る無塗装の蜜蝋ワックスもお勧めです)
  …サクラ、カバザクラ、バーチ(カバ)、メープル

濃い色味の樹種 (浸透する自然塗料を使ってダークに仕上げると高級感が出ます)
  …ブラックウォールナット、ローズウッド

木目や風合いが特徴的な樹種 (浸透する自然塗料で濡れ色に仕上げると木目が際立ちます)
  …タモ、クリ、ナラ(オーク)

ヒノキやヒバ類は、香りが高く、防虫・防カビにも効果があります。


【無垢フローリングとその他フローリング】
床に張り終えて仕上ると無垢フローリングと同じように見えるものがあります。
複合フローリングや、積層フローリング(3層構造などが多い)です。
無垢フローリングとは、構成が違うのです。断面を見ると違いが分かります。

無垢フローリング:天然木の1枚板
積層フローリング:表面の天然木板(t3〜5伉度)+中板+裏板
複合フローリング:天然木突板(t0.3伉度)+合板などの基板

複合フローリングは表面の突板が薄いので、深い傷がつくときれいに補修できませんし、
下地の合板に接着剤が使われているので注意が必要です。

積層フローリングは、床暖房を導入する場合に使うことがあります。
床暖房の温度変化のため、無垢フローリングだと材質によっては収縮や変形が出てしまうためです。
3層程度の板が積層されていて、変形しにくいのです。
表面の天然木には厚みがあるので、無垢フローリングと同様に表面を削って補修することも出来ます。

図版(無垢フローリングと積層フローリングと複合フローリング)

無垢フローリング。
1枚板であるのがよく分かりますね。


積層フローリング。
3枚の板が積層されています。層ごとに板目方向を変えてあるので、変形しにくくなています。
複合フローリング。
フローリングの表面は、板ではなく「突板」といって木を薄く剥いてシート状にしたものです。厚みは0.3伉度のものが多いです。
















沢山のフローリングがある中で、どんなものを選ぼうか迷うことも多いでしょう。
そんな時の参考にして下さい。









↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



12) 蜜蝋ワックスのこと
JUGEMテーマ:住宅

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

自然塗料の回でも、ちらっとご紹介しましたが、屋内の木部を保護するものとして蜜蝋ワックスもお勧めしています。

木の表面に薄く乗る形で保護するものなので、無塗装の木の色味に近い明るいクリアに仕上ります。
ちなみに、植物油の自然塗料を塗った時というのは、クリア塗料でも自然な濡れ色に仕上ります。
(木を水で濡らすと濡れている間、濡れ色になります。それが植物油原料の自然塗料のクリア仕上りです。)

手に入れやすく、使いやすい蜜蝋ワックスとして「未晒し蜜ロウワックス」をお勧めしています。

自然塗料と同様で、自然素材であっても誰もがアレルギーが起こらないわけではないので、やはりサンプルを取り寄せて確認しておくようにしましょう。
刷毛などを使わずに雑巾がけの要領で塗布できるので、自主施工にも向いているのではないでしょうか。
住みながらのメンテナンスは、1〜2年に1回程度塗り直しをお勧めしますが、雑巾がけ感覚で出来るのが良いところです。

蜜蝋ワックスは、天然油と蜜蝋がブレンドしてあるものがほとんどです。
そのため、ワックスのついた布などは、そのまま放置せず水に浸してから処分するようにしてください。
(空気中の酸素で酸化熱を発生し、自然発火する恐れがあります)

日常のお手入れは、掃除機やモップかけで。または固く絞った雑巾で水拭きします。
場所によって、生活状況によって異なりますが、1〜3年に1回の塗り直しが必要です。
塗り直しの目安は、撥水力が保たれているかどうか。
撥水性が落ちてきたら、塗りなおしをしておくと蜜蝋ワックスが汚れから木を守ってくれます。


↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



11) 自然塗料のこと
JUGEMテーマ:住宅

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

自然塗料は、天然の植物油を主な原料としています。
木部への塗装品は、いくつかのメーカーがありますが、
リボス、プラネットカラーあたりをお勧めしています。
屋内で明るいクリアに仕上げる場合には、蜜蝋ワックスもお勧めしています。(次回12蜜蝋ワックスのことを参照して下さい)

屋内に使うのか屋外に使うのか、クリア仕上げか着色するのか、着色するのでも透明で木目を見せるか塗りつぶすのか。。。
用途や目的で、適切な商品を選ぶようにします。

それから自然塗料は、木に浸透して油分で保護をするものなので、
表面に塗膜をつくるウレタン塗装(表面がツルツルしている塗装)のように表面強度はありませんが、木の質感が残る塗装です。
木の材質にもよりますが、床にはやはりキズもつきます。それを木の風合いと共に楽しんで下さい。

最近は、床の塗装をお施主さん自身で施工したいというご要望もよくあります。
労働力がいるので、なかなか大変ですが、
コストダウンになるし、後のメンテナンスの時にも自分で出来ますし、ご要望があればお勧めしています。
リボスや蜜蝋ワックスであれば、お施主さん自らインターネットで購入もできます。

【気をつけたいこと】
自然素材だからといって、アレルギーなどが起こらないわけではないので、
過敏な方は特に、サンプルを取り寄せて確認して下さい。
取扱業者さんに問い合わせれば、成分表も出してくれます。
それから、特別に取り寄せをすることになるようですが、
リボスには通常の商品とはまた別に重度アレルギー者専用の商品もあるようです。

ご自身で自然塗料を塗る時は、自然発火に気をつけてください。
植物油で出来ている自然塗料は、空気中の酸素によって酸化熱を発生します。
塗料の着いた布や刷毛や新聞紙などは、そのまま放置せずに水に浸してから処分するようにして下さい。

【お手入れについて】
日常のお手入れは、掃除機やモップかけで。または固く絞った雑巾で水拭きします。
なかなか取れないような汚れがついてしまった場合は、塗料と同じメーカーのクリーナーを使ってみるのも方法です。
自然塗料は、時間とともに油分が抜けてきます。そうすると撥水力が弱くなるので保護能力が落ちてしまいます。
油分が抜けてきたら、再塗装をしましょう。



↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



10) シロアリ対策のこと
JUGEMテーマ:住宅

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

今日は、シロアリ対策のお話をします。
まずは、おすすめのシロアリ対策方法をご紹介しようと思います。
その後で、シロアリ対策を薬剤で行う場合の危険性をお伝えしようと思います。

そして今日は最後に、自然素材のことを伝えたいと思ったきっかけの芯の部分も少しお伝えます。
ちょっと話の領域が急に広がりますが、一読して頂ければと思います。


【おすすめのシロアリ対策方法】
a) 土台は、ひのき、ひば、くり、けやきなど、1階柱は土台と同じ材種か杉などを使うこと。
b) 1階床下に湿気がこもらないように通気をとる。(湿気が多い場合、床下換気扇を設置する。)
c) ヒバ油を土台と1階柱(地面から1mの高さまで)に塗布する。(塗れる範囲で5年毎に再塗布する。)
d) 木酢液を土壌に散布する。

新築の場合は、a)b)は必須で、心配な場合はc)d)も追加しておくと良いです。
後から被害が出てしまった場合は、腐朽してしまった部分の材を取替えた上、
c)d)を行い、状況に応じてb)の床下換気扇設置も検討して下さい。
特に被害が出なくても、メンテナンスとしてc)d)を5年程度毎にしておくのが予防方法です。


【シロアリ対策の注意報】
現在、実際にどんなシロアリ対策が行われているかというと、
1)上記に書いたおすすめのシロアリ対策方法
2)その他は全て薬剤処理による方法

2)はあらかじめ材木に薬剤注入したものと、現場で薬剤を塗布処理するものがありますが、
どちらも使わないで下さい。
薬剤というとソフトですが、農薬と同じで虫を殺す毒物なのです。

農業で使われている農薬については、食べるものだからということで関心が高いですが、
室内の空気を汚染するシロアリ駆除の薬剤は、ある意味もっと恐ろしいです。
農薬野菜(一般的な野菜)を口から摂取しても、人間の消化器系統では解毒処理が行われますが、
呼吸で肺に取り入れた化学物質は、直接血液に乗って全身へ運ばれます。
アロマテラピーの知識のある方は、はっとされるかもしれませんが、
肺から直接血液に取り込まれると、脳へダイレクトにその効果が作用します。
ですから化学物質過敏症では、身体だけでなく鬱など心身ともに大きなダメージを受ける症例が多いです。


【思いが広がること】
シロアリ対策は、昔からある問題ですが、現代においては私たちの抱えている難問とつながっているように思うのです。

「害虫を薬剤で駆除している」ということは、「生命を化学物質(毒)で遮断している」のだということ。
「ウイルスを抗生物質で退治する」ということは、「自然を化学物質で淘汰しようとする」のだということ。
「地震や津波で絶対壊れない家」は、「自然のエネルギーに勝る土木施設」で一般住宅の役割を超えているということ。

こういったことは、私の中ではいつも共通した問題として存在しています。
自然・宇宙の営みを抑えつけたり、それに打ち勝ったりすることは出来ない。

化学物質で害虫を駆除しても、抗生物質でウイルスを退治しても、必ず耐性を持つ虫、ウイルスが発生します。
ダーウィンの自然淘汰説の通りに。。。
それには、怖さと同時に自然の営みの力強さを感じます。

化学物質過敏症もアトピー性皮膚炎も、許容量が満杯になった時に症状が出てきます。
今は健康そのものと思っていても、化学物質は確実に身体に日々入ってきます。
建物にも食べ物にも、確実に化学物質は含まれていて、現代ではその影響を避けることは不可能です。
そして、症状が一度出てしまうと、元の状態に戻すのは非常に非常に困難ですし、
特に化学物質過敏症では日常生活が送れなくなるケースが多いです。
ですから、本当はどんな方でもすまいの材料についても気をつけて頂くべきだと考えています。

ひとが化学物質にやられてしまった場合、自然の力を頂くことによって、満杯になった化学物質を排出して回復することが出来たりします。
言い方を変えるとつまり、逆に自然の生命力と自分の生命力で、化学物質を退治することが出来たりします。
(私も実は、自分で作る酵素で、自分の中の化学物質を抑えました。酵素の話は白い雑記帳に少しご紹介しています。)
日々を過ごす住まいにおいても、自然の力を頂くことで変えていけることがあるのではないかと思っています。


↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



09) 畳のこと
JUGEMテーマ:住宅


身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。

09) 畳のこと (2012-08-01)

蒸し暑い夏には、風通しの良い畳の部屋でごろっと昼寝するのが至福ですよね。
ですから、畳=使いたい自然素材。と言いたいところですが、
ダニが出たりしたらその痒さたるや最悪です。。。
気をつけて欲しいこと、畳のメリットデメリット、お手入れなどもあわせてご説明して行きましょう。


【畳でも気をつけましょう】
まず畳表のイグサについてです。
イグサ自体は自然素材ですが、農薬を使って栽培され、そして化学染料で着色されている畳表がほとんどです。
普通の人であればそれほど神経質になる必要はないと思いますが、
できたら無農薬・天然染めの畳をお勧めしています。

次に床(畳の芯の部分)についてです。
本畳の床はワラ床です。
そのワラ床のワラが無農薬であるかどうか、きちんと(1年以上)自然乾燥させているかどうかもポイントです。
農薬の有無についてはイグサと同じ配慮が必要です。
また、しっかり乾燥できていないワラ床は、虫やカビが発生する原因となります。
新築のRC造マンションで、ダニが発生しやすいのは、構造体であるコンクリートから出る水分が原因であったりします。
コンクリートからの水分でワラ床が湿気てしまうのです。
ですから、年数が経ちコンクリートから発生する水分が無くなると、ダニの発生もなくなって来ます。

近年では安価なスタイロ畳もよく使われています。
こちらの床の材料は断熱材にも使われるスタイロフォームです。
ワラ床と違ってダニは発生し難いようです。
でも、本畳とは足ざわり(クッション性)が違って、板の上を歩いているような硬さがあります。
長時間正座をすると、さらにその違いが分かります。


【いぐさ本畳のメリット】
 ・いぐさのいい香り
 ・呼吸をする自然素材だから、調湿性能がある
 ・さらっとした肌触り
 ・弾力があり心地いいクッション性
 ・音を吸収する
 ・畳表を裏返して両面使える、また畳表を交換して使えるエコな材料


【いぐさ本畳のデメリット】
 ・日焼けして変色してくる
 ・重たい家具を置きっぱなしにすると凹み痕がつく
 ・使用の仕方によっては、表面がささくれてくる


【いぐさ本畳のお手入れ】
 湿気が大敵です。風通しを良くしておくことで、虫やカビを防ぐことができます。
 間取りの関係上、通風が取れない場合には、除湿器や扇風機を使うのも良いです。
 季節のよい春や秋に天日干しをすると、しっかり湿気を取ることが出来ます。
 天日干しが大変だったら、畳を持ち上げた状態で床裏に風を通すだけでも効果があります。
 お勧めしないのは、上に絨毯を敷くこと。それからあまり洗濯物を干さないこと。

 変色抑止のためには、障子などを使ってなるべく直射日光が入らないようにして下さい。

 カビ予防のためには、消毒用エタノールを霧吹きして5分程度放置し乾燥させてから、
 畳の目に沿ってから拭きをするのも効果的です。



最近では、畳表に和紙を使ったもの、
麻やひのきの持つ抗菌作用を利用して防虫対策したものなど、
畳の弱点へ対策をしたものも出てきています。
改めて、畳についても使いたい自然素材として見直してみませんか。

↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



08) 壁紙のこと
JUGEMテーマ:住宅

身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。

08) 壁紙のこと (2012-06-20)

まずここでは、広い意味で「壁紙」と言われることがあるものについて、ご説明していきます。
なので、厳密にいうと壁紙ではないものもありますが、一緒にご紹介しようということです。

そんな前置きをしたところで、「壁紙」は非常に種類が豊富です。
その機能もデザインもバリエーション豊かで、ある意味使いやすい材料なのだと思います。

壁紙を大きく分けてみました。
 ・布クロス
 ・紙クロス
 ・素材系クロス
 ・ビニルクロス
ひとつずつ、ご説明していきましょう。


【布クロス】
布という素材ですが、建材的には壁紙(クロス)の一種なので、ご一緒に紹介しようと思います。
昔はビニルクロスなどなかったので、壁を布で仕上げる布クロスの歴史が先にあります。
海外から入ってきている文化がベースにあるので、布クロスというと装飾的な柄のものが頭に浮かびます。
デザイナーのデザインのものなどは高級品です。
その他にも、織物そのものの素材感があるもの(シルク、リネン、コットン、ウール…)などもあります。
国内では、ホテルや結婚式場などに使われるいわば高級品です。
機能的には、布なので皆さんも想像つくように多少の調湿性がある材料です。
そして布も生きた自然素材ですから、伸び縮みする、施工しにくい、汚れると落としにくいなどの取扱いにくさはあります。
織物の風合いや、伝統的な西欧デザインを取り入れる時に使いたいなと思う素材です。


【紙クロス】
まさに壁紙ですが、日本は紙の文化が豊かで、昔から建物に使われてきました。
日本の伝統和紙や、それをベースとした壁紙があります。
自然素材なので通気性があり結露やカビを抑制しますし、
今では水に弱い、汚れやすい、燃えやすいなどの弱点を改良した和紙もあります。
和紙はその風合いも魅力的です。

もうひとつよく使われるのは、ウッドチップ壁紙です。
紙とウッドチップの自然素材で出来ている壁紙です。
通気性があり調湿性能のある材料として、珪藻土同様に人気があります。
塗装下地壁紙なので汚れたら塗装を塗り直し出来るので、メンテナンス面でもお勧めなものです。

その他にも、
木材伐採をせずに原料調達できるため環境にやさしいケナフの植物繊維を使ったケナフ和紙壁紙や、風合いがよい麻などの植物繊維で出来た壁紙などもあります。
紙クロスは、使われている素材や壁紙の構成によって、
表面が弱かったり、汚れやすかったり、施工が難しいものもあるので、
紙の特性を理解して採用するように気をつけて下さい。


【素材系クロス】
珪藻土壁紙は、珪藻土を表面材として調湿性能を付加した壁紙です。
珪藻土を塗るのは大変だけど、その風合いを楽しみたい時などには使ってみるのも良いかと思います。
珪藻土の厚みが少ないので、珪藻土塗壁程の調湿性能を期待することはできません。

オレフィン壁紙は、合成樹脂が原料の紙なのですが、
塩化ビニル(一般的なビニルクロス)と異なり、焼却時に有害ガスがほとんど発生しない点や、素材そのものが食品包装にも使われる安全性のあるものです。
一般的なビニルクロスと同様に、汚れ難さや強さがあります。

この珪藻土とオレフィンを組み合わせた壁紙は、いくつかのメーカーから出ています。


【ビニルクロス】
まず最初に、ビニルクロスは自然素材ではありません。
塩化ビニルが原料のため、特に新品は嫌な臭いもします。
今は、接着剤もビニルクロスもF☆☆☆☆を取得していますが、敏感な方は気分が悪くなったり、
ひどくなると体調が悪くなる方もいらっしゃいます。
今までにもお話してきたように、最も一般的な内装材になっているので、
「壁紙」というとビニルクロスのことだと考えている方も非常に多いです。
柄も豊富で安くて施工しやすく、様々な付加性能(防汚、抗菌、不燃、耐水など)のものがあるのですが、
住宅にはあまりお勧めしたくない材料です。


 
住宅でも火を使う部屋(台所など)や、住宅以外の用途の場合には、
建築基準法で内装制限があり、仕上げ材料に不燃性能が要求されることがあります。
そういった場合には、残念ながら使えない自然素材壁紙も中にはあったりします。
リフォームする時などには、専門家に相談しながら材料選びをすることをお勧めします。

↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



07) 現代的な漆喰
JUGEMテーマ:住宅


身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。


07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

前回引続き、漆喰についてですが、今日は現代的な漆喰についてです。

前回もお話したように、現代的な漆喰とは本漆喰とはベツモノと捉えた方が分かりやすいです。
本漆喰のひび割れを防止するためや施工するときに塗りやすいようになど、欠点を改良しようという目的で、元々の本漆喰には使われていなかったものが添加されたりしています。
その結果、本来の漆喰の性能を損ねてしまったり、身体に有害なものを含んでいたり、施工方法が変わってしまったために性能が発揮できなかったり。。。
と現代的な漆喰の中には、本来の本漆喰のように、使いたい自然素材ではないものがあります。

出来れば、06)本漆喰のこと も合わせて読んで下さると良いと思います。


今では土地土地の左官屋さんが素材を調合するのではなく、メーカーが製造した調合済みの漆喰(製品化された漆喰)があります。
製品化されているので、職人さんによらず安定した性能を発揮するのかもしれません。
歴史的に継続して漆喰壁が施工されてる土地柄でもなければ、大抵はこのメーカーにより製品化された漆喰を使われるケースが多いです。

そこで注意したいのは、製品によっては合成樹脂を使用したものや化学繊維を使用したもの、科学的な顔料を使っているものがあります。
本来、消石灰+海藻のり+植物繊維のすさ で出来ていて自然素材である漆喰ですが、そうなるともはや自然素材とは言えない状況であります。
ですから設計段階から、どのメーカーの漆喰を使うか指定したり、配合するものの仕様を定めておかないと、ベツモノの漆喰壁になってしまう可能性があります。

現代的な漆喰が全て悪いとは思いません。
施工しやすかったり、後々ひび割れやヤセなどが出にくかったり、改良されている部分を良しとして採用するケースもあるはずです。
でも、自然素材を使いたいと思って漆喰を選んだ筈なのに、よく知らないがために化学物質が含まれている塗壁を使っていることになっていたのでは残念です。
さらに、化学物質を避ける目的で漆喰を採用するのであれば要注意です。

使い方次第なのですが、住宅というプライベートな生活の場では、自然素材の特徴(考え方によっては欠点)と付き合うのも楽しみの一つでなないでしょうか。
私自身が使いたいと思うのは、やっぱり現代的な漆喰ではなく本漆喰であったりします。

↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



06) 本漆喰のこと
JUGEMテーマ:住宅

身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。


06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

今日は、昔から日本でもよく使われてきた漆喰についてです。
お城や昔ながらの蔵の壁には、漆喰が使われていることは皆さんもよくご存知だと思います。
でも今現在では、漆喰といってもこれまたやはり色々なものがあります。
私自身、調べ始めた当初は混乱しました。
混乱の原因は、昔ながらの本漆喰などと、様々な理由から手を加えられて出来上がってきた現代的な漆喰があるからです。

食べ物の話と置き換えると分かりやすいような気がします。
例えば、昔ながらの味噌は発酵食品で、私たちに必要な栄養成分や美味しさをふんだんに含んでいます。
でも、カビを防ごう、賞味期限を延ばそう、口当たりを良く使いやすくしようなどの理由から添加物を加えてきたという歴史があります。
そこで加えた添加物によっては、身体に良くない成分が含まれていたり、元々の味噌の栄養分や美味しさが損なわれたりするケースもあります。

建築材料も同じような経過があります。
本漆喰のひび割れを防止するためや施工するときに塗りやすいようになど、欠点を改良しようという目的で様々に試みがなされてきたのです。
そこで添加されたものによっては、本来の漆喰の性能を損ねてしまったり、身体に有害なものを含んでいたり、施工方法が変わってしまったために性能が発揮できなかったり。。。
という結果、現代的な漆喰の中には、本来の本漆喰のように、使いたい自然素材ではないものがあります。

そこで、本漆喰と現代的な漆喰はベツモノと捉えて、別々にお話するのが良いと思いました。
今日は、まずは昔ながらの本漆喰のことについてお話しようと思います。

【本漆喰とは】
消石灰(サンゴなどの化石からつくられます)が主成分で、そこへ海藻「のり」と植物繊維の「すさ」を加えてつくられます。

【本漆喰の特徴】
耐水性、耐火性に優れるので、耐久性の高い塗壁材です。
お城や蔵に使われたのは、このためです。
土壁の表面に漆喰を塗ることで、耐久性を高めるために使われてきたのですね。

【本漆喰と珪藻土を較べてみる】
本漆喰は、空気中のCO2(二酸化炭素)と反応して自然に固まるので、珪藻土のように固めるための材料を添加する必要はありません。
強アルカリ性なので、カビが発生しにくいです。
でも強アルカリの状態が未来永劫に続く訳ではないので、防カビのためには湿度調整も欠かせません。
珪藻土ほどではないけれども、吸放湿性能があります。
珪藻土のように超微細な多孔質ではないけれども、漆喰も孔質のためです。
珪藻土のように酸化チタンは含有していないので、光触媒効果はない。


ここまでは、性能的なことを書いてきました。
その他にも、意匠的な特徴も大切だと思います。
白くてすべすべとなめらかな仕上がり。
触るとひんやりしっとりした感触。
これらは本漆喰の魅力の一つだと思います。

他にも昔ながらの漆喰は、原料の「のり」や「すさ」の違いで、土佐漆喰、琉球漆喰など各地にありますし、消石灰ではなく貝灰を使っている肥後漆喰もあります。
土地に昔から根付いている材料を使ってみるというのも、選択肢の一つかもしれませんね。


↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



05) 珪藻土のこと
JUGEMテーマ:住宅

身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。


05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

自然素材というと、必ず名前が出てくる珪藻土。
吸放湿性能に優れる建材と言われています。

とてもいい材料なのですが、実は選ぶのがとても難しい材料でもあります。
一口に「珪藻土塗壁」といっても、商品によってその成分も機能も性能も全然違うのです。

なぜかというと、
まず、珪藻土そのものに、種類があります。
珪藻土の種類によって性能が異なります。

また、珪藻土塗壁材料は、珪藻土だけでなく他の素材とブレンドされた材料だからです。
ブレンドされたほかの材料によって全く別物の材料になってしまいます。

ひとつずつお話していきましょう。


【珪藻土の特徴】
珪藻土は、植物性プランクトンの死骸が堆積して化石になったもの。
その大きな特徴は、非常に微細な多孔質であることです。
珪藻土の有能な調湿性能や有害物質などの吸着機能は、この微細な多孔質によるものです。

子供の頃に顕微鏡で見た植物の茎などによく似てます。
(植物なんだなぁ。。。と感心してしまいます)

もしこの孔に不純物などが目詰まりしていると、珪藻土の有能な機能が発揮できません。


【珪藻土の種類について】
珪藻土には、
・自然乾燥したもの
・高温焼成したもの
・融剤を添加してさらに高温で焼成した白色珪藻土

があります。
白色珪藻土は、不純物が除去されて孔の目詰まりが少ないものです。
原料としてはこの白色珪藻土を使ったものが、より珪藻土の機能を発揮します。


【珪藻土塗壁材料にブレンドされているもの】
珪藻土は、それだけでは塗壁材料にならないので、他の素材がブレンドされています。
固めるための材料、下地に接着させるための材料、ひび割れないようにする繊維、顔料など。。。
こういった珪藻土以外の材料も問題になります。
カビ易い材料がブレンドされているために有害な防カビ剤も混入されていたり、
ブレンド材料に有害な化学物質を使っていたり、
珪藻土を固めてしまう樹脂が入っているために、珪藻土の性能が発揮しづらくなっているものもあります。
実際に水を霧吹きする実験をすると、吸放湿性能は商品によってこれほど違うのかと驚いてしまいます。

逆に良いブレンドのものとして、珪藻土にない機能を付加している塗壁材料もあります。
固化材として消石灰をブレンドし、アルカリ性にすることで防カビ機能を付加したものなどです。

またブレンドで珪藻土の本来の性質を損なわなければ、
珪藻土は含有されている酸化チタンの光触媒効果で、
有害物質や汚れを吸着するだけでなく分解する性能も発揮します。
汚れが付着しても、しばらく経つと光触媒効果できれいになってしまいます。


珪藻土と名前がついていても、どれも同じではないのです。
同じお金を使うなら、より良い材料を使いたいですよね。

↓ ぽちっとおねがいします! 

 

居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



04) 自然素材は高いの?
JUGEMテーマ:住宅
 
身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。


04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

そうですね、安いものではないです。
でも、そんなに高いものでもないんです。

普通の材料(02普通の材料と自然素材 参照下さい)は、価格的にはピンからキリまであるので、金額だけを考えてしまうとピンを使えば一番安く仕上げられる材料だと言えます。

逆に、自然素材は材料自体の価格でも普通の材料よりは少し高めです。また素材が一様ではないので、工事するのにはコツが必要だったりします。なので、手間代がかかったりもします。その結果はやり自然素材はちょっと高いです。

でも使う面積が決まってくるので、計算してみると決して高価すぎるものではないことがわかります。
例えば。。。

6帖の部屋を自然素材にしたら、どれ位金額が上がるかざっくり考えてみると、

床の面積=約10屐∧匹量明僉疚26(ドアと窓除く)、天井の面積=床に同じ
 床(複合フローリング→無垢フローリング) +7000×10屐ΑΑΑΑ70,000
 壁天井(ビニルクロス→珪藻土)       +2500×36屐ΑΑΑΑ90,000
 ※金額は全体の工事面積によって、具体的な商品によって変わるのであくまでも参考として考えてください。

そうすると、差額は例えば16万ほどですね。
それ位ならやってみるのも良さそうな気がします。
全体予算枠があってなかなか難しい場合は、他の部分を見直して16万を捻出してもいいと思います。

これも例えばですが。。。
食器洗浄機をやめてみる→10万程度金額が下がると思います。
システムキッチンのグレードを下げてみる→グレードの差で差額10万位は下げられたりします(グレードの落差が大きければもっと下がるし、落差がなければあまり下がらない)。
ユニットバスのグレードを下げてみる→これもシステムキッチンに同じです。
あるいはキッチンなどは、メーカーの高価な既製品をやめて、オリジナルで作ると案外安く作れたりもしますよ。
(全体予算の中で、何を優先していくかで理想の実現度は違います。設計は図面を書いているだけでなくて、こんな金額調整の仕事もしています。)

自然素材のすまいも、そんなに無理なく手に入れられそうだと思いませんか。
私は高い空気清浄機とそれを運転する電気代を考えたら、ずっと安くて気持ちいいと思うのです。

↓ ぽちっとおねがいします! 

 

居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋