女性建築士による
すまいと生活を楽しむためのコンテンツ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 07) 現代的な漆喰 | main | 09) 畳のこと >>
08) 壁紙のこと
JUGEMテーマ:住宅

身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
カビや湿気対策にも効果がある素材があります。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。

08) 壁紙のこと (2012-06-20)

まずここでは、広い意味で「壁紙」と言われることがあるものについて、ご説明していきます。
なので、厳密にいうと壁紙ではないものもありますが、一緒にご紹介しようということです。

そんな前置きをしたところで、「壁紙」は非常に種類が豊富です。
その機能もデザインもバリエーション豊かで、ある意味使いやすい材料なのだと思います。

壁紙を大きく分けてみました。
 ・布クロス
 ・紙クロス
 ・素材系クロス
 ・ビニルクロス
ひとつずつ、ご説明していきましょう。


【布クロス】
布という素材ですが、建材的には壁紙(クロス)の一種なので、ご一緒に紹介しようと思います。
昔はビニルクロスなどなかったので、壁を布で仕上げる布クロスの歴史が先にあります。
海外から入ってきている文化がベースにあるので、布クロスというと装飾的な柄のものが頭に浮かびます。
デザイナーのデザインのものなどは高級品です。
その他にも、織物そのものの素材感があるもの(シルク、リネン、コットン、ウール…)などもあります。
国内では、ホテルや結婚式場などに使われるいわば高級品です。
機能的には、布なので皆さんも想像つくように多少の調湿性がある材料です。
そして布も生きた自然素材ですから、伸び縮みする、施工しにくい、汚れると落としにくいなどの取扱いにくさはあります。
織物の風合いや、伝統的な西欧デザインを取り入れる時に使いたいなと思う素材です。


【紙クロス】
まさに壁紙ですが、日本は紙の文化が豊かで、昔から建物に使われてきました。
日本の伝統和紙や、それをベースとした壁紙があります。
自然素材なので通気性があり結露やカビを抑制しますし、
今では水に弱い、汚れやすい、燃えやすいなどの弱点を改良した和紙もあります。
和紙はその風合いも魅力的です。

もうひとつよく使われるのは、ウッドチップ壁紙です。
紙とウッドチップの自然素材で出来ている壁紙です。
通気性があり調湿性能のある材料として、珪藻土同様に人気があります。
塗装下地壁紙なので汚れたら塗装を塗り直し出来るので、メンテナンス面でもお勧めなものです。

その他にも、
木材伐採をせずに原料調達できるため環境にやさしいケナフの植物繊維を使ったケナフ和紙壁紙や、風合いがよい麻などの植物繊維で出来た壁紙などもあります。
紙クロスは、使われている素材や壁紙の構成によって、
表面が弱かったり、汚れやすかったり、施工が難しいものもあるので、
紙の特性を理解して採用するように気をつけて下さい。


【素材系クロス】
珪藻土壁紙は、珪藻土を表面材として調湿性能を付加した壁紙です。
珪藻土を塗るのは大変だけど、その風合いを楽しみたい時などには使ってみるのも良いかと思います。
珪藻土の厚みが少ないので、珪藻土塗壁程の調湿性能を期待することはできません。

オレフィン壁紙は、合成樹脂が原料の紙なのですが、
塩化ビニル(一般的なビニルクロス)と異なり、焼却時に有害ガスがほとんど発生しない点や、素材そのものが食品包装にも使われる安全性のあるものです。
一般的なビニルクロスと同様に、汚れ難さや強さがあります。

この珪藻土とオレフィンを組み合わせた壁紙は、いくつかのメーカーから出ています。


【ビニルクロス】
まず最初に、ビニルクロスは自然素材ではありません。
塩化ビニルが原料のため、特に新品は嫌な臭いもします。
今は、接着剤もビニルクロスもF☆☆☆☆を取得していますが、敏感な方は気分が悪くなったり、
ひどくなると体調が悪くなる方もいらっしゃいます。
今までにもお話してきたように、最も一般的な内装材になっているので、
「壁紙」というとビニルクロスのことだと考えている方も非常に多いです。
柄も豊富で安くて施工しやすく、様々な付加性能(防汚、抗菌、不燃、耐水など)のものがあるのですが、
住宅にはあまりお勧めしたくない材料です。


 
住宅でも火を使う部屋(台所など)や、住宅以外の用途の場合には、
建築基準法で内装制限があり、仕上げ材料に不燃性能が要求されることがあります。
そういった場合には、残念ながら使えない自然素材壁紙も中にはあったりします。
リフォームする時などには、専門家に相談しながら材料選びをすることをお勧めします。

↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://itoma-imacoco.jugem.jp/trackback/19
TRACKBACK