女性建築士による
すまいと生活を楽しむためのコンテンツ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 地震とすまいの耐震 | main | 01) 木造住宅の地震に対する強さ >>
01) 自然素材とのおつきあい
JUGEMテーマ:住宅
 
身体によくって、家にも良い自然素材。
そして何より気持ちよさが違うから、やっぱり自然素材を使いたい。
そんな、すまいの自然素材についてのことを、ご紹介していきます。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

これからご紹介していく自然素材は、いろいろなものがあるのですが、共通していることは自然のものを使っていることです。
自然の素材は生きていています。
生きているので、最近の「普通の建材」とは違うことが起きます。
それを知っておかないとびっくりしたり、慌てたりしてしまうと思います。
なので、一番最初に自然素材とのおつきあいについてお話しておかないと。

最近の「普通の建材」は、メンテナンスフリーの安定したものがほとんどです。化学的に安定した状態につくってある材料で施工しやすく、後からの手直しなども発生しにくいのです。(逆にとらえると生きていない材料です)
だけど、自然素材は知らないと不具合と間違えてしまうようなことが、自然現象として起こります。

無垢の木は湿気を呼吸しているので、縮んだり膨張したりしています。
乾燥すると隙間が出来たり、割れが入ったり、ねじれが出たりすることもあります。
珪藻土や漆喰なども、呼吸をして収縮するので、ひびが入ったりもします。
プラスチックやビニールと違って、生きている子(材料)なので、たまに様子をみてあげないといけないのです。
必要な場合は補修したり、メンテナンスをしていくことが必要です。
自然素材は、そういう材料だということを理解して納得してつきあってあげてください。

といっても毎日毎日メンテナンスするようなことではないのです。
メンテナンスも生活の楽しみの一つにして、家族でワイワイやってしまえばイベントになるし、
逆の発想で、環境によって変化する自然素材は、目に見えないすまいの環境を教えてくれているのではないでしょうか。
理解して、使ってみて、そこで生活すると違いはきちんと出てきます。

素材の紹介と合せて、メンテナンスのこともお伝えしていくようにしますね。

↓ ぽちっとおねがいします! 

 

居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。



01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://itoma-imacoco.jugem.jp/trackback/2
TRACKBACK