女性建築士による
すまいと生活を楽しむためのコンテンツ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 09) 畳のこと | main | 11) 自然塗料のこと >>
10) シロアリ対策のこと
JUGEMテーマ:住宅

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

今日は、シロアリ対策のお話をします。
まずは、おすすめのシロアリ対策方法をご紹介しようと思います。
その後で、シロアリ対策を薬剤で行う場合の危険性をお伝えしようと思います。

そして今日は最後に、自然素材のことを伝えたいと思ったきっかけの芯の部分も少しお伝えます。
ちょっと話の領域が急に広がりますが、一読して頂ければと思います。


【おすすめのシロアリ対策方法】
a) 土台は、ひのき、ひば、くり、けやきなど、1階柱は土台と同じ材種か杉などを使うこと。
b) 1階床下に湿気がこもらないように通気をとる。(湿気が多い場合、床下換気扇を設置する。)
c) ヒバ油を土台と1階柱(地面から1mの高さまで)に塗布する。(塗れる範囲で5年毎に再塗布する。)
d) 木酢液を土壌に散布する。

新築の場合は、a)b)は必須で、心配な場合はc)d)も追加しておくと良いです。
後から被害が出てしまった場合は、腐朽してしまった部分の材を取替えた上、
c)d)を行い、状況に応じてb)の床下換気扇設置も検討して下さい。
特に被害が出なくても、メンテナンスとしてc)d)を5年程度毎にしておくのが予防方法です。


【シロアリ対策の注意報】
現在、実際にどんなシロアリ対策が行われているかというと、
1)上記に書いたおすすめのシロアリ対策方法
2)その他は全て薬剤処理による方法

2)はあらかじめ材木に薬剤注入したものと、現場で薬剤を塗布処理するものがありますが、
どちらも使わないで下さい。
薬剤というとソフトですが、農薬と同じで虫を殺す毒物なのです。

農業で使われている農薬については、食べるものだからということで関心が高いですが、
室内の空気を汚染するシロアリ駆除の薬剤は、ある意味もっと恐ろしいです。
農薬野菜(一般的な野菜)を口から摂取しても、人間の消化器系統では解毒処理が行われますが、
呼吸で肺に取り入れた化学物質は、直接血液に乗って全身へ運ばれます。
アロマテラピーの知識のある方は、はっとされるかもしれませんが、
肺から直接血液に取り込まれると、脳へダイレクトにその効果が作用します。
ですから化学物質過敏症では、身体だけでなく鬱など心身ともに大きなダメージを受ける症例が多いです。


【思いが広がること】
シロアリ対策は、昔からある問題ですが、現代においては私たちの抱えている難問とつながっているように思うのです。

「害虫を薬剤で駆除している」ということは、「生命を化学物質(毒)で遮断している」のだということ。
「ウイルスを抗生物質で退治する」ということは、「自然を化学物質で淘汰しようとする」のだということ。
「地震や津波で絶対壊れない家」は、「自然のエネルギーに勝る土木施設」で一般住宅の役割を超えているということ。

こういったことは、私の中ではいつも共通した問題として存在しています。
自然・宇宙の営みを抑えつけたり、それに打ち勝ったりすることは出来ない。

化学物質で害虫を駆除しても、抗生物質でウイルスを退治しても、必ず耐性を持つ虫、ウイルスが発生します。
ダーウィンの自然淘汰説の通りに。。。
それには、怖さと同時に自然の営みの力強さを感じます。

化学物質過敏症もアトピー性皮膚炎も、許容量が満杯になった時に症状が出てきます。
今は健康そのものと思っていても、化学物質は確実に身体に日々入ってきます。
建物にも食べ物にも、確実に化学物質は含まれていて、現代ではその影響を避けることは不可能です。
そして、症状が一度出てしまうと、元の状態に戻すのは非常に非常に困難ですし、
特に化学物質過敏症では日常生活が送れなくなるケースが多いです。
ですから、本当はどんな方でもすまいの材料についても気をつけて頂くべきだと考えています。

ひとが化学物質にやられてしまった場合、自然の力を頂くことによって、満杯になった化学物質を排出して回復することが出来たりします。
言い方を変えるとつまり、逆に自然の生命力と自分の生命力で、化学物質を退治することが出来たりします。
(私も実は、自分で作る酵素で、自分の中の化学物質を抑えました。酵素の話は白い雑記帳に少しご紹介しています。)
日々を過ごす住まいにおいても、自然の力を頂くことで変えていけることがあるのではないかと思っています。


↓ ぽちっとおねがいします!



居アーキテクツ一級建築士事務所 へもどうぞいらして下さい。


01) 自然素材とのおつきあい (2012-05-02)

02) 普通の材料と自然素材 (2012-05-09)

03) 使いたい自然素材かどうか (2012-05-16)

04) 自然素材は高いの? (2012-05-23)

05) 珪藻土のこと (2012-05-30)

06) 本漆喰のこと (2012-06-06)

07) 現代的な漆喰 (2012-06-13)

08) 壁紙のこと (2012-6-20)

09) 畳のこと (2012-8-01)

10) シロアリ対策のこと (2012-08-08)

11) 自然塗料のこと (2012-09-05)

12) 蜜蝋ワックスのこと (2012-09-12)

13) 無垢フローリングのこと (2012-09-19)

14) 断熱材のこと

15) 水廻りお勧めのリノリウム床

16) 柿渋



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://itoma-imacoco.jugem.jp/trackback/21
TRACKBACK